安いミシンは結局は損です

 ミシンを買おうと思って通販サイトで探してみれば、1万円台の安いコンパクトミシンがたくさん見つかります。 「雑巾を縫うだけだから」「1年に1度ぐらいしか使わないから」、という理由から安いコンパクトミシンで済ませようと 思ってしまうがちですが、それは結局、損をすることになります。
 なぜなら、
  ・パワーがない
  ・壊れやすい(耐久性がない)
  ・音がうるさい
  ・作業がしにくい
ということで、結局は『 安いミシンは使いにくい ⇒ 使わない 』ということになってしまい、 つまりはムダになってしまうのです。

3〜5万円台が目安

 1万円台の安いミシンは良くないからと云って、10万円もする高いミシンも必要ありません。 初心者、中級者ともに、3〜5万円台を目安としてミシンを探すのがいいでしょう。
 3〜5万円台のミシンであれば、
  ・一生使えるだけの耐久性
  ・消音設計
  ・縫うことに関しての使いやすさ(各種の自動的な機能)
が確保されているものが多くあるので、後悔しないミシンを買うための目安と考えていいと思います。

おすすめのミシン

 洋裁が趣味で、普段からミシンを使っている私がおすすめする、買って損をしないミシン3機種を紹介します。

1位

 ジャノメ JP−510

 
ジャノメ JP−510

 シンプルで使いやすさバツグン。ジャノメのロングセラー、超人気のミシンです。
 ミシンに求められる、パワー、耐久性、使いやすさ、を兼ね備えた、初心者から中級者まで、 すべての方が満足できるミシンです。
 どのお店、どのサイトでも人気No.1。迷っているならこれです。

2位

 シンガー モナミヌウプラスSC200

 
シンガー モナミヌウプラスSC200

 ジャノメJP−510より少し価格は高くなりますが、その価値は十分にあります。
 初心者にも使いやすく、上級者にも満足できる機能が充実。ミシンを長く使おうと思っている方に最適。
 5万円まで予算があるなら、これをおすすめします。

3位

 シンガー モニカピクシー5710

 
シンガー モニカピクシー5710

 どうしても3〜5万円までは予算がないという方におすすめできる唯一のミシン。
 家庭用ミシンでは数少ない金属ボディー仕様だから、耐久性に優れ、音も静か。 装備も充実で値打ちある実用電子ミシンです。
 3万円以下の予算で探すなら、これしかありません。